スクリーンショット 2022-05-17 21.55.31.png
hd_copy_pc.png

「Study:大阪関西国際芸術祭」は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)を契機に、ソーシャルインパクト(文化芸術経済活性化や社会課題の顕在化、SDGs など)をテーマとした、世界最大級のアートフェスティバル「大阪関西国際芸術祭(仮)」の開催を目指すにあたり、それらの実現可能性をスタディするためのプレイベントです。

第一回目である「Study:大阪関西国際芸術祭 2022」(2022年1月28日(金)~2月13日(日))では、大阪グランフロント(梅田)、船場エクセルビル(本町)、釜ヶ崎芸術大学(西成)を会場に、大阪をキタからミナミに縦断しながら、展覧会、アートフェア、カンファレンスなど多様なアート体験を提供しました。

大阪・関西万博を一過性のイベントで終わらせず「国際芸術都市大阪」の樹立も視野に、芸術祭をプラットフォームに、経済を循環させ、雇用を生み出す為に、スタートアップや研究者、企業との連携による様々なプロジェクトを始動させます。

​アーカイブ

Study:大阪関西国際芸術祭2022

Study_OGP.jpg

■公式サイト:http://www.osaka-kansai-2022.art

■会期:2022年1月28日(金)~2月13日(日) 

■会場:グランフロント大阪/ 船場エクセルビル/釜ヶ崎芸術大学(ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム)/kioku手芸館「たんす」/花外楼 北浜本店