森村泰昌(美術家)× 坂下範征(元日雇い労働者、釜ヶ崎芸術大学在校生)

INTRODUCTION

Our Sweet Home

大阪在住の日本を代表する現代美術家・森村泰昌と鹿児島出身の日雇い労働者・坂下範征の出会いの部屋。坂下さんの言葉をココルームの上田假奈代が収集し、釜ヶ崎にゆかりのある人で書にしたためました。ココルームは2007年に釜ヶ崎でレーニンに扮した森村さんの作品作りに協力。森村さんは、2012年、釜ヶ崎芸術大学の芸術の講師を務め、「ヨコハマトリエンナーレ2014」のアーティスティックディレクターとなって、釜芸が参加。2015年、大学院美学学会を開設。坂下さん(72歳)は2011年にココルームと出会い、表現のワークショップに参加するように。そのユーモラスな語りは人々を魅了し、映画「谷川俊太郎さん、一つ詩を作ってください」に出演。釜ヶ崎狂言会、ココルームの企画した八戸のイタコに会いに行く旅など、活躍している。

DSC7827.jpeg

参加会場

釜ヶ崎芸術大学

〒557-0002 大阪府大阪市西成区太子2丁目3−3