top of page

芸術祭のプロデューサー、ディレクターらの身体そのものが展覧会場に!? "Study: 身に着ける芸術 コンテンポラリー・ジュエリー"が、新しいコミュニケーションの始まりを生み出します

更新日:2023年12月18日



"Study: 身に着ける芸術 コンテンポラリー・ジュエリー"

本企画では、身に着ける芸術、コミュニケーションを生み出す装置としてのコンテンポラリー・ジュエリーを考察します。


コンテンポラリージュエリーは、コンセプトを重視した、作家性の高いジュエリーです。

素材やカタチに驚きや革新性があるだけでなく、コンセプトにおいても現代社会との接点を追求した作品があります。


国内外で開催する多様なプロジェクトを通して日本におけるジュエリー表現文化の活性化、発展、普及を目指し「芸術の歴史に残るムーブメントを起こす」ことを目標に掲げるアーティストの寺嶋孝佳と小嶋崇嗣らが主宰するC J S Tにより、国際的に活躍する5名のコンテンポラリー・ジュエリー作家をセレクトしました。


Study:大阪関西国際芸術祭のプロデューサー、ディレクター、キュレーター、カンファレンス登壇者らに、実際にコンテンポラリー・ジュエリー身につけてもらう企画です。

 

作品は、ジュエリーですから、もちろん、触ったり、購入することもできます。もし、素敵なコンテンポラリー・ジュエリーを身につけている人を見つけたら、そこから、新しいコミュニケーションを始めてみてはいかがでしょうか。


キュレーター

CJST(寺嶋孝佳、小嶋崇嗣)

アーティスト

小嶋 崇嗣、後藤 渓、下小野田 夏子、墨屋 夕貴、寺嶋 孝佳

会場

グランフロント大阪北館BF2 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター

(Study:大阪関西国際芸術祭のプロデューサー、ディレクター、キュレーター、カンファレンス登壇者の身体、オフィシャルショップ内)



Komentáře


bottom of page