淀川テクニック

©︎淀川テクニック Courtesy of YUKARI ART

INTRODUCTION

真庭のシシ

「真庭のシシ」(通称 マニシシ)アーティストの出身地である岡山県真庭市による依頼で制作した作品。 市内に多く生息する「イノシシ」をモチーフにした。 素材は地域の一般家庭から排出されたプラスチックや金属などのゴミ。 「SDGs未来都市」に選定されている真庭市にちなみ、作品の色彩はSDGs をイメージしたものになっている。

PROFILE

柴田英昭(しばたひであき、1976年岡山県生まれ)のアーティスト名。 
2003年に大阪・淀川の河川敷を拠点として活動開始。
ゴミや漂流物などを使い、様々な造形物を制作する。赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作を得意とし、国内各地にパブリックアートとして展示されている作品も多い。
「釜山ビエンナーレ」(2006)やインドネシアで開催された日本現代美術展「KITA!!」(2008)、ドイツ・ハンブルグと大阪で同時開催された「TWINISM」(2009)、モルディブ共和国初の現代美術展「呼吸する環礁ーモルディブ・日本現代美術展ー」(2012)、デンマークで開催された「Kunst&Byrum Helsingor ,The life in the Sound」(2014)など海外での展覧会参加も多い。
その活動や作品は国内外のテレビ、新聞などのマスメディアで多く取り上げられている他、小学校や中学校の美術の教科書でも紹介されている。
近年では「国連環境デー」や「G20イノベーション展」など環境に関するイベントに招かれることも多い。

真庭のシシ(全長約5m×全幅約2m×全高3m).jpg

参加会場

​グランフロント大阪

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町

うめきた広場 ポイントスペース